最後までやり抜くことの大切さ

こんにちは。
【横浜市神奈川区】ベビーサインで子育て を応援します!ベイビーリンのHirocoです。

最近藤井聡太氏の影響で、将棋界がとても盛り上がっていますね!

私はあまり将棋の世界を知らなかった者の一人なのですが、つい最近、将棋の対局を見ていて素敵だな、と思ったことがありました。

それは、勝敗が付く瞬間!
手詰まりになってしまった方が「負けました」といって頭をさげるのですが、その後必ず勝った方も一礼して終わる、あの瞬間がとても素晴らしいと思うのです。

個人的には美しささえ感じます。

私がなぜそう感じたのか、ヒントになる出来事がありましたので、お話したいと思います。

ここから先はちょっと難易度を下げて、オセロにお話を置き換えたいと思います。

最近、息子がだいぶオセロのルールを理解してきて、何とか対戦できるようになってきました。


大抵は、ご家族の大人の方が相手になってあげながら教えてあげると思うのですが・・・まったく何もわからない人間に、実践をもって何かを教えるのはとても難しく、そしてイライラしますよね(笑)

我が家でも、ばあばやオットが「端っこをとるといいんだよ」「角をとると勝てるよ」「ここに置いたら次はここをとられるって、先を読みながらやるんだよ」などと、アドバイスを交えて根気よく教えてくださっていました。

なんとか楽しんでもらえるよう、大人の経験から得た
「勝負に勝つための方法」を教えながら、手加減を調整し、子どもに勝つことの喜びを教えてあげているんですね。

でも、実はこれ、私は良くないと思ったんです。

これを続けていくと息子はどうなるか?

→自分が不利になると不機嫌になる
→負けそうになると「もうやめる」と対戦を放棄する
→大幅に手加減されて勝つことが続くと「大人って大したことない!」と勘違いする

現に、姪っ子が小さい頃にこんな状態だったことを覚えています。

この教え方が良くないことの原因はただ一つ。

プロセスよりも結果を優先しているから!!

【勝つ】ことにフォーカスしすぎていて、勝つための手段だけを教えている状態なんです。

そうではなく、大人が教えるべきことは、
最後まで、対戦相手に敬意をもってやり抜くこと
ではないでしょうか?

私が、将棋の対局で美しいと思ったあの瞬間は、まさにこの象徴です。

では、オセロはどう教えて行ったらいいのか・・・・?

それは、何度も何度も対戦し、大人が心置きなく勝つことです。

ボロ勝ちでもOKです。

でも、子どもが負けても最後まで対戦できたら、そのことに最大限敬意を表しましょう。

勝っても負けても、お互いに礼をする。称えあう。

勝負の世界はお相手がいないと始まらないのですから、まずここから教えることが大事です。

対戦を重ねるごとに、勝てないことでまだ未熟な子たちは心が折れてしまうかもしれません。

そんな時は、経験量が違うことを説明し、最後までやり抜くことの大切さを教えるチャンスです!

勝てなくて悔しい思いさえも経験を積み重ねる活力になると私は思います。

勝つための方法は教えられるものではなく、何度も挑戦していくうえで自分で見つけるものだと思うのです。

たかがオセロでそこまで・・・と思うかもしれません。

でも、こういった活力が必要な場面は生きていればたくさんありますよね。

「勝つための近道」をたくさん暗記させてショートカットすることを良しとするか、

「自分で勝つための道を切り開いていく力」をつけることが大事と考えるか。

それは各個人の考え方です。
否定はしません。

でも、私は小さなうちから切り開いていく力をつけることはきっとこの先息子の大きな活力になると信じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です