ベビーサインエピソード

ベビーサインエピソード

想いを受けとめてあげることが自己肯定感をはぐくむ

おはようございます。横浜市神奈川区のベビーサインサロン*ベイビーリンのHirocoです。

最近よく耳にする「自己肯定感」というワード。

子育て世代のママさんなら一度はきいたことがあるかもしれません。

「自分は必要とされる人間である」
「生きていることに価値を見出せる人間だ」

という感情の事を言います。

日本の若者は諸外国に比べてこの自己肯定感を持っている人の割合が著しく低いそうです。

それは、日本が古くから奥ゆかしさや謙遜を美徳とすることのあらわれ、ということも一因であると言えますが、幼少期のお母さんのちょっとした心がけ次第で自己肯定感は育てられるということもわかっています。

ベビーサインは、言語の一つですので、幼少期のコミュニケーションに関しては超得意分野です。

単語としてサインをご紹介する、という目的の他に、赤ちゃんに対してどんなふうに声掛けし、意思疎通を図っていくとスムーズか、などコミュニケーション方法も併せてご紹介しています。

ベビーサインがもっともっと一般的になっていくと、将来、この自己肯定感を持った若者が増えるのではないかな、と思っています。

では実際、おしゃべりできる前に確実なコミュニケーションができることがどれだけ素敵なことか、わかっていただけるエピソードをご紹介したいと思います。

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

先日、ベイビーリンにお通いいただいている1歳9か月の女の子のお母さまから教えていただきました。

まず、この画像、何の記号だかご存知でしょうか?


星座のいて座のマークですね!

これ、お布団のカバーなんだそうですが、ある時、彼女がこのマークを指さして

「きー・・」とおしゃべりしたそうです。

き?

普通のおしゃべり前の赤ちゃんだったら、何のこと?で終わりです。

でも、彼女にはベビーサインがありました!


そして、お母さんは気づいたんです!
向きを変えると、「キリン」に見えるような見えないような・・・
(三角の部分が胴体、長い首にクロスしている部分に目と口がついているような模様)

彼女は少しおしゃべりもできるので、「きー・・・」だったらサインがなくてもお母さんはキリンという答えにたどり着いてあげられたかもしれません。

でも、正直、自信をもってキリンといっているのかわからないですよね。

そんなとき、彼女がキリンのサインをしてくれたら、一目瞭然です。

この、受け手側の自信があるかないかでお母さん側の受け答えも変わってくると思います。

このお母さまは、記号の向きを変えてみて、キリンに見えたことでとても感心したと仰っていました。
大人なら、決まりきった記号にしか見えないこのマークを、彼女はキリンに見立てた、その発想力に驚かされたとも。

「そんなこと?」
と、もしかしたら思われるかもしれません。

でも、おしゃべりが安定して発音が明瞭になるまで、「お母さん!これ、キリンみたいだね!」と言いたくても伝わっていないって考えたらどうでしょうか?

2歳前のお子さんが、こんなことを考えているって、一体どのくらいのお母さんがご存じなのでしょうか?

こういう日常の小さな感情や、発見を一つ一つ拾いあげて、
「そうだね!キリンさんみたいだね!」といってあげられること、
時には「えっ!〇〇ちゃんにはキリンさんに見えるんだ?」と驚いて見せること
「えーっ?お母さんにはわからないよ。どんなところがキリンさんみたい?」なんて逆に教えてもらえることがどんなに素敵で小さな人たちにとって大切なことか・・・

「赤ちゃんだから何も考えていない」
「まだそんなにわかってない」

そう決めつけてスルーしてしまうことが、とても悲しいことだということが、
まだまだ浸透していないな・・・と感じます。

私がベビーサインサロンで一番お伝えしたいのは、この部分です。

赤ちゃんたちは、大人が思っているよりもずっとたくさんの事を感じ、考えています。

ベビーサイン育児でぜひ、それを体感していただけたらと思います。

はじめて「大好き!」と言ってもらったのはいつですか?

おはようございます。
横浜市神奈川区のベビーサインサロン*ベイビーリンのHirocoです。

先日のベビーザらスさんの体験会では、みなさん、おしゃべり前の生後10か月の赤ちゃんがどのくらいの言葉を理解しているか、とっても興味を持っていただいたようですね!

まだ、声をだしておしゃべりする準備が整っていない、でも、言葉の意味は理解している赤ちゃんたちは普段どんなことを考えているか知りたくありませんか?

そんな時はぜひ、ベビーサインで赤ちゃんたちの思いを聞いてあげてください。

そして、たくさん語りかけてあげてくださいね。

言葉で返答はできなくても、赤ちゃんたちはちゃんと理解していますよ。

でも、どうしても育児ばかりで大人同士のおしゃべりがしたくなったら、お母様たちのお話は私がききます!

ベイビーリンは【おしゃべりサロン】です。

赤ちゃんもお母さんもたくさんおしゃべりを楽しんで帰ってくださいね。

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

さて、今日の本題(笑)に入ります。

突然ですが、世のお母さんお父さんたちが、初めてお子さんから「大好き」って言ってもらったのって、大体お子様が何歳くらいの時でしょうか・・・

因みに、私の息子は2歳半くらいだったかなぁ。。。
(今じゃ毎日のように言ってくれますが)

おそらく皆さん、私と同じくらいじゃないかな、と思うんです。


でもね、ベビーサイナーさんたちは違いますよ!

ベイビーリンにお通いいただいている1歳7か月の女の子が、先日

【パパ】【大好き】

とサインの2語文で気持ちを伝えてくれたそうです!!!!

どうですかー?
そんなこと言われたら、パパとろけちゃいますよね!?

【大好き】っておしゃべりできるようになっても、感情表現なので理解が難しかったり、アウトプットしてくれないとお子さんが理解しているかどうかってわかりにくかったりすると思うんです。

でも、ベビーサイナーさんたちは早くからサインを使って会話をしていますから、言葉の理解が早いですし、私たちも彼女が【大好き】の意味を確実に理解して使っていることがわかるんです。

現に、彼女は以前サロンにお越しいただいたときに、パパの写真を私に見せながら、「私のパパよ」と紹介してくれたことがあるんです。

わざわざ写真を持ち出して紹介してくれるくらいですから、それはそれは【大好き】ですよね(笑)

しかし、これはベビーサインあるあるなのですが、このパパ(ママ)のサイン、実はご本人がいるところではあまり登場しないんです。

今回も、このエピソードを教えてくださったのはお母様で、パパがいないところでサインを見せてくれました、と仰っていました。

なので、もし【ママ】【大好き】でなかったからといって、お母様たちは落ち込まないでくださいね!

みんなママが大好きなのは当たり前のことで、実はママがいないところで言っているんです。

でも、サイン育児を率先してやってくださるのはママが圧倒的多数ですし、パパはサインに気が付かないこともあります。

なのでぜひ、パパやじいじ、ばあばにもサイン育児に参加してもらって、ママはたまには羽を伸ばして自分のショッピングにでも行きましょう!

意外と気が付かないだけで、サインしてくれていたりするかもしれません。

先ほど【パパ】【大好き】とサインしてくれた彼女には、次回のサロンの時にママが席を外されている隙に私から聞いてみたいと思います。

赤ちゃんの熱中症対策に役立つサイン

こんにちは。横浜市神奈川区のベビーサインサロン*ベイビーリンのHirocoです。

梅雨が明けると夏本番。

今年も早くも猛暑になる予報が出されていますね。

とは言いつつも、ずっとおうちにこもりっきりではいられないのが現実・・・

熱中症や紫外線対策をきちんとして、楽しくお出かけしたいですね。

体験会や定期サロンへお越しいただいた方には熱中症対策に役立つ【お水】のサインをご紹介しておりますが、もう一つ、暑い時期に対策して欲しいのが【帽子】ですね。


帽子のサインです。

しかし、これは赤ちゃんあるあるなのですが、赤ちゃんって帽子をなかなかかぶってくれないんです。

よちよち歩きで懸命に歩いているところにさっと帽子をかぶせてあげてもすぐにポイッとされてしまいます。

(そういう持ちネタの芸人さんのような・・・笑)

ママはちょっとでも直射日光を避けるために帽子をかぶって欲しいのに・・・ダウン

しまいには泣き出しちゃう赤ちゃんもいます。


そんなとき・・

【帽子】のサインが役に立つんです!


そもそも、赤ちゃんってなぜ帽子をポイッとしてしまうと思いますか?

・頭になにか乗っている感覚が気持ち悪いから?
・動きにくいから?
・そもそも、帽子って何のためにかぶるのか分かっていないから?

そのどれもあてはまりますね!

大人だって、いきなり何も言われずに被り物をかぶされそうになったらちょっと身構えると思います。

赤ちゃんも同じです。

なので、赤ちゃんには事前に【帽子】のサインを使ってその存在を知ってもらいます。

自分の頭上はなかなか見るのが難しいので、お母さんの帽子を使ってうまく教えてあげるといいですね。

事前に帽子を好きになってもらうことで、ポイッとされる確率がグンと減りますよ。

猛暑の夏を迎える前に今から暑さ対策してみませんか?

体調管理にも役立つベビーサインを学んでみたい方はぜひサロンへお越し下さい!

名詞のベビーサインって教える意味ありますか?

こんばんは。横浜市神奈川区のベビーサインサロン*ベイビーリンのHirocoです。

先日、ちょっと都内に用事があって、一人で電車に乗っていたときのお話です。

私はドア付近に立っていたのですが、途中の駅でベビーカーに乗った1歳過ぎくらいの男の子とお母さん、お父さんが乗ってきました。

ベビーカーが目の前に停まったので、カワイイな~なんて思いながらちょっとみさせてもらっていました。

男の子は乗車してすぐ、電車のドアに貼ってある「指はさみ注意」の表示を指さして何か訴えていました。

お父さんとお母さんはすかさず、その表示の中にいるクマを指して「ああ、クマさんだね~」と返答していました。

返事をしてもらって満足そうな男の子は、その後【ウサギ】のサインをしました。

私は、「おっ!この子ベビーサイナーちゃんなのか!」とすぐに気づいたので、車内の広告などの中にウサギを探したのですが、どこにもありません。

サイナーちゃん親子を観察していると、お父さんは、それがサインだということには気づいたようですが、何のサインなのかわからなかったようで、「ん?なあに?これ??」とお母さんに聞いています。

お母さんは、数秒考えたあと、「あ!」と言って、カバンの中からパスケースをを取り出し、男の子に渡しました。

男の子はとっても満足そうです。

よく見てみると、もらったパスケースは裏に可愛いウサギの顔が描かれていました。

その後、終点までの間、男の子はずっとご機嫌で静かに遊んでいました(ちゃんちゃん)。


もう、このエピソードに遭遇したとき、ベビーサイン育児の醍醐味ってこうだよなー!と激しく感激してしまいました。

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

男の子が最初に乗車してきたときに見つけたクマさんは、見える場所にあるものなので指さしで意思疎通ができます。

ですが、(おそらく)改札で通るときに見かけたママが持っている面白そうなパスケースは、改札を通った後にママがカバンの中にしまってしまったので、指さしでは伝わりません。

ベビーサインを知らない赤ちゃんなら、ここでママのカバンを指さして一つずつ出してもらいながら「これ?」→「違う」を繰り返し、しまいには面倒くさくなって泣き出してしまうこともありそうですが、

たった一つ 【ウサギ】 のサインを彼が知っていることによって、スムーズに意思疎通ができる→男の子は無駄に泣かなくてよい→ママ、パパは安心して外出できる→電車に乗り合わせた人も優しく見守ることができる。

→その空間にいる人全員がHAPPYですよね!

実は私、息子とベビーサイン育児をしているときは、名詞のサインはあんまり意味がないんじゃないかと思っていたことがあるんです。

【ウサギ】ができたところで、絵や実物のウサギを見たときにくらいしか使わないだろう、と思って、それよりも実用的な【おしまい】や【お片付け】、【痛い】などのお世話に直結するようなサインばかり使っていました。

今となっては大反省です。

ベビーサイン講師になってからは、赤ちゃんが名詞のサインを応用してくる、ということは分かっていましたが、まさかこんなに実用的に使えるとは・・・・!

本当に赤ちゃんって、大人が思っているより何百倍も賢いんですね!

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

こんな素敵な体験ができるベビーサイン育児を皆様もはじめてみませんか?
ご興味のある方はお気軽にご相談くださいませ。